吉野眼科クリニック:眼科 御徒町駅 台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6F

Doctor Interview

医療法人社団 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野 健一先生にお話を伺いました。

患者が決めたよい病院
ランキング1位(2003年)
患者が決めたいい病院
ランキング1位(2003年)

医療法人社団 爽見会 吉野眼科クリニック 院長 吉野 健一先生

医療法人社団 爽見会 吉野眼科クリニック
院長 吉野 健一先生
医院の外観です

医院の受付です

出身大学はどちらですか?

日本医科大学医学部卒業、慶應大学眼科学教室出身です。

ドクターになろうと思った動機は何ですか?

私はまわりに医師が多くいる環境の中で育ちました。例えば父も外科医ですし、母方の叔父も眼科医です。従って医師は大変身近な職業でしたし、子供の頃から「人様の役にたてる仕事である」ということを、父をはじめ多くの医師を身近にみて感じ、また生物の生態にも興味があったこともあり医師を志しました。

この医院の診療科目を決めた理由は何ですか?

外科医である父の背中を追いかけて外科系を志していました。市中病院で大きな手術を手掛けていた父は、独立し開業した後は一人がゆえに盲腸炎や痔など小規模の手術が中心となり、せっかく身につけた技術を持て余しているように見え、子供ながらに寂しく思ったという記憶があります。私も大学卒業当時から、身近に、そして長期に患者さんと向き合うことができる開業を希望しており、眼科であれば顕微鏡を使う手術なので一人でも高度な手術を開業後も続けることが可能であろうと考えました。また、叔父が眼科医で地域の患者さんに貢献し、成功していた姿をみていたのも眼科を選択した理由です。

この土地で開業しようと思った理由は何ですか?

アメリカ留学中に2年半の基礎研究をしていました。帰国後、そのまま研究を継続したいと思いましたが、父が廃業したこと、教授をはじめ恩師の強いご協力もあり、研究を続けながら出来る開業医をあらためて目指す事に致しました。眼科の研究室のある慶應病院と千葉の東京歯科大学市川総合病院と自宅のちょうど三角形を結ぶ中心にあるこの地、上野で開業することにしました。複数の恩師の応援を得ることができ、背中を押されました。

先生の得意な分野(治療)は何ですか?

ドライアイと屈折矯正手術が得意分野です。スティーブンス・ジョンソン症候群やシェーグレン症候群という、視機能を脅かす最重症なドライアイ患者さんの治療も得意です。近視の患者さんの中には、ドライアイの為コンタクトレンズができない方がいらっしゃいます。そのような方には「レーシック手術」や「フェイキックIOL」という外科的治療法があります。レーシック手術に関しては日本において早い段階から恩師3人と共に4人で手術システムを立ち上げた経緯があります。また、近年は白内障の手術も「屈折矯正」の意味合いを高めており、この分野も得意としています。遠近両用の眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)は、遠くも近くも見ることができる眼内レンズであるという意味で屈折矯正と深く関係しています。多焦点眼内レンズは先進医療の承認をうけた施設でのみの施行が可能ですが、当院は台東区で唯一の先進医療認定施設となっています。

患者さんにどのように貢献したいですか?

医療は究極のサービス業だと私は思っております。患者さんに満足頂くことが最終的な目標です。究極の満足を提供できるよう努力し続けることで貢献したいと考えています。

この医院の他にないところを、PRお願いします。

一番の特徴は「私の声が大きい」という事です。眼科は年配の患者さんが多く受診する科です。ご説明させて頂く声が大きいので、年配の患者さんには「聞きやすい」とおほめを頂くことがあります。また、理解していただきたいという思いが、声が大きくなる理由かもしれません。いつも根拠をもって診断し治療にあたりたいと心かげています。ご説明する時には出来るだけクリアにお伝えするようにしています。結果、患者さんから「わかりやすいため安心感がある」と言って頂きうれしく思っています。また、当院は検査機器や手術機器は最新のものを導入し、利益を医療レベルの向上に還元しています。

スタッフさんに対しての想いを語って下さい。

日々大勢の患者さんにご来院頂き、スタッフは大変忙しくしています。当然、ドクターだけが医院の価値を決定するものではなく、受付で診察券や保険証をお預かりした時からすでに治療が始まっていると思っています。そのため迅速で適切な対応はもとより、笑顔や心遣いが重要で、少しでも患者さんが安心して治療をお受けいただける環境であることを願っています。忙しい中、それは簡単なことではありませんが、スタッフには大きく期待しているところです。

今後、どういう風に医院をしていきたいですか?

当院は関東1都6県のインターネットアンケート調査(オリコンメディカル)による「患者さんが選ぶ良い病院ランキング」の眼科部門で1位を獲得しました。投票頂いた患者さんからそのような評価を頂けて大変嬉しく思うと同時に、これからもご満足頂ける医院であり続けたいと思います。その為にしたことは、患者さんはお忙しい中来院されるわけですから、なるべく待ち時間を短縮するために、まずドクターを増員しました。会計システムの迅速化、待ち時間を有効利用できるよう外出しても用事を済ませることができる携帯電話を使った「診察順番お知らせシステム」を導入しました。また、現在は、対面診察と併用する形でパソコンを使った遠隔診療の導入も進行中です。諸々の理由でどうしても来院出来ず、断薬を余儀なくされる患者さんのためのものです。例えば、緑内障の目薬を止めてしまうことによる病状の悪化を避ける為に貢献できるのではないかとの思いからです。

院長からの患者さんへのメッセージ

屈折矯正手術(レーシックやフェイキックIOL)を行うにあたっては、患者さん個々の年齢や環境にあった目標視力があります。遠方視力を求めるがあまり近視を矯正しすぎる(過矯正)と、頭痛や吐き気、ひどい場合には自律神経失調をきたすケースもあるくらいです。丁寧な術前検査のもと、患者さん一人一人のバックグラウンドに配慮した「オーダーメイド」の屈折矯正手術を行ない、やりっぱなしの手術ではなく術後も安心のいくまでフォローする、ドクターの顔がきちんとみえる施設を選択されることをお薦めします。

基本情報

吉野眼科クリニック

「03-3839-5092」に電話する
医院名医療法人社団 爽見会 吉野眼科クリニック
住所〒110-0005 東京都台東区上野1-20-10 風月堂本社ビル6F
電話番号03-3839-5092
診療科目眼科
診療時間
診療時間
午前:10:00~13:00 ×
午後:15:00~18:30 ×
休診日水曜
最寄り駅JR御徒町駅
交通手段JR「御徒町駅」北口より松坂屋方面へ徒歩3分
駐車場無し
ホームページhttp://www.yoshino-eye-clinic.com/
この病院の診療科目と最寄駅
  • 眼科(御徒町駅)
  • 眼科(台東区)



Copyright (C)2015-2017 病院検索の病院まちねっと All Rights Reserved.
本サイトに掲載の文章・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。